成人の80%が歯周病の患者・予備軍と言われています

日本人が歯を失う原因の第一位とされる歯周病。その患者や予備軍は想像以上に多く、成人の80%がリスクを抱えていると言われています。JR浜松町駅から直結、東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療・口臭専門治療を行っています。

こんな方は特に歯周病への注意が必要です

次のような生活習慣のある人は、歯周病の発症・進行のリスクが高い傾向にあります。歯周病の初期段階は自覚症状がほとんどないため、早期発見・早期治療のためにも、積極的に歯科医院で定期検診を受けましょう。

喫煙 間食 咀嚼(そしゃく)不足 ストレス
喫煙
煙草の煙には複数の有害物質が含まれているため、免疫力を低下させ、歯周病リスクを2~7倍に高めると言われます。
間食
唾液には自浄作用がありますが、間食の回数が多いと自浄が追いつかず、細菌が繁殖しやすくなります。
咀嚼(そしゃく)不足
自浄作用のある唾液は、咬む(咀嚼する)ことで分泌が促されます。あまり咬まずに食べる人は注意が必要です。
ストレス
精神的ストレスはもちろん、疲労や睡眠不足、不規則な食事などの身体的ストレスも歯周病リスクを高めます。
歯周病のリスクを高めるその他の要因
ブラッシング不足

ブラッシング不足

ブラッシングは、きちんとできているようで人それぞれ「癖」があり、正しい磨き方ができていなければ、たとえ1日5回ブラッシングをしても歯周病のリスクは避けられません。逆に完璧なブラッシングができていれば、極端な話、「3日に1回」でもほとんど問題ないと言えるのです。

しかし現実には「完璧なブラッシング」ができる人は、まずいないと言っていいでしょう。またブラッシングの頻度が少なければ、それだけお口の中が不快に感じてしまいます。

ブラッシング不足

当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っており、患者さんの口腔内環境やブラッシングの癖などに合わせた、適切なブラッシング法をお伝えしています。1日2回、このブラッシング法を実践していただくのがひとつの目安です。もちろん1日3回でも構いません。

歯並びの悪さ

歯並びの悪さ

歯並びが悪いとブラッシングしにくい部分ができ、そこに歯垢・歯石が溜まってしまうため、歯周病にかかりやすくなります。また、歯並びの悪さから咬み合わせも乱れていると、咬んだときに力がうまく分散されず、特定の歯に負荷がかかってしまうことがあります。

その歯が負荷によって次第に傾き、さらに歯並びを悪化させてしまい、今度は別の歯に負荷がかかって……という負のスパイラルを招く危険性もあるため、歯並びは重大な問題です。

当院は咬み合わせを重視した総合的な歯周病治療を行っています。虫歯・歯周病の原因となる咬み合わせの乱れを改善することで、場当たり的でない根本的な治療が可能となります。※元大阪大学助教授の保田好隆先生の御指導の元、歯列矯正も行っております。歯周病をコントロールしながら歯周病の根本原因も改善することが可能です。

遺伝

遺伝

歯周病菌が親から感染することはあります。歯周病菌自体が遺伝することはありませんが、「免疫力が低い」「歯周病と関連する病気である糖尿病や白血病になりやすい」といった要因は遺伝する可能性が高いと考えられています。

もしご両親のどちらかが重度の歯周病を経験していたり、糖尿病・白血病にかかっていたりする場合、歯周病には警戒が必要です。歯周病は自覚症状が出にくい病気ですので、まずは歯科医院で診療を受け、歯周病がある場合には治療を受けたうえで予防に努めましょう。