銀歯の劣化による二次カリエス治療とセラミック治療の症例

栃木県在住 30代 女性

口臭が気になり、口の中が嫌な味がする、というのが来院されたきっかけでした。

まずは大西式歯周病専門治療・口臭治療を行い、歯石除去や口腔内の除菌、菌叢の改善、ホームケアの見直しを徹底しました。口臭・味ともに以前よりは改善はしたものの、いまひとつスッキリしない…。

よく見ると、以前保険内で治療したパラジウム合金の補綴物(銀歯)が劣化し不適合になっています。金属が錆びてきて、歯と銀歯の間に隙間が出来てしまっていました。

痛みはなかったのですが、不適合の銀歯を外すと、中で虫歯になっている歯が沢山ありました。

ジルコニアセラミックに替えたことで、気にされていた口臭・嫌な味は、気にならなくなったそうです。見た目もきれいになり、汚れも付きにくくなったため、ケアも短時間で行えるようになりました。

治療をして1年が経過し、現在はメンテナンスのPMTCに通っていただいています。臭いや味は、治療後のままの良い状態を維持出来ているそうです。

治療期間は6回、治療費用はフルジルコニアインレーの歯を6本入れ、420,000円(税別)かかりました。
*尚 治療をした補綴物は口腔内の過酷な環境で使用するため、壊れたり劣化しないことを保証するものではありません。

個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。