劣化したプラスチックの被せ物からセラミックに変えた症例

東京都在住 50代 女性

口臭とドライマウスからくる「口の中の気持ち悪さを何とかしたい」と来院されました。下の前歯がグラグラする事もあり、歯周病を心配されていました。

位相差顕微鏡で歯周病菌が確認されたので、大西式歯周病専門治療で除菌を行いました。
口の中の気持ち悪さが改善すると、上の前歯の見た目が気になる様になり、治療を希望されました。
上の歯を全体的にジルコニアセラミックスで治療を行いました。下の歯は、現在、暫間固定で経過を見ています。
メインテナンスを定期に受診され、良い状態を維持していらっしゃいます。

治療期間は約6か月、治療費用はゼノテックプレミアオールオールセラミックの歯を6本入れ、900,000円(税別)かかりました。
*尚 治療をした補綴物は口腔内の過酷な環境で使用するため、壊れたり劣化しないことを保証するものではありません。

個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。