診療内容と院内感染症予防対策について

患者の皆様へ

新型コロナウイルス感染が拡大し、緊急事態宣言が発令する中、皆様は不安な日々をお過ごしのことと存じます。

歯科医師・スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、私たちは新型コロナウイルス感染拡大以前より、肝炎やエイズウイルスへをはじめとするウイルス感染対策をしっかりと行ってきました。そして現在のところ、我が国では、歯科治療を通じて歯科医や歯科衛生士から患者さんへ感染した事例の報告はありません。

お口のことでご心配な時は、まずは当医院にご相談ください。
来院することが難しい場合は、電話等により診療を行い、お薬を処方することなども可能です。

痛み等を我慢して歯科治療を受けないと、食事が摂れなくなり、体力・免疫が落ちてしまいます。また、糖尿病や人工透析中など持病がある人は、歯周病が悪化すると、全身状況の悪化につながる可能性が高くなります。

さらに、口の中が不衛生だと、細菌性の肺炎リスクが上がるので、万が一、新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際、重症化しやすいことが知られています。

メンテナンスに来ることが難しい方の口腔環境の悪化を私たちは心配しています。 今は、誰もがコロナにかかる可能性がある時代だからこそ、命を守るためにも、口腔ケアが大事です。

大西歯科では院内感染症対策として以下のようなことを行っております。

当院の院内感染対策の方針

院内での対策

  • 手指の消毒
  • 使い捨てのグローブ・マスクの使用
  • 感染源となる器具の滅菌

アメリカ疾病予防局が提唱する「スタンダードプリコーション」(標準予防策)という、厳しい基準を参考にしています。

当院の院内対策について詳しくはこちら

デルフィーノ【施設まるごと抗菌】の施工

デルフィーノ”施設まるごと抗菌”は、院内全てを抗菌・抗ウイルスコーディングをすることで接触感染を防ぎます。浮遊する菌がコーティング面に触れた途端、消滅するという強いメリットがあります。患者様の接触感染を防ぎ、院内感染リスクを下げるために今回施工をしました。

デルフィーノについて

デルフィーノ

デルフィーノは、【抗菌・抗ウイルス・消臭作用】などの3種類を組み合わせた触媒に成功し、それぞれが持つ触媒反応の弱点を補いながら飛躍的な効果が見込めます。

施工自体は、専用の噴霧器で院内にデルフィーノを充満させ、隙間なくコーティングしていきます。それにより、受付・待合室・ユニット・トイレ・ドアノブなど、あらゆる部分に潜んでいる菌やウイルスを不活性化させることができます。飛散した菌やウイルスはコーディングされた触媒に触れると不活性化されるので、感染源である接触感染を防ぐことができます。

患者様へのお願い

皆様が安心して治療を受けられるよう、ご協力をお願いいたします。

  • 手指の消毒
  • マスクがあるかたは、マスクの着用
  • ハンカチやタオルの持参(くしゃみや咳をする際は、なるべくハンカチやタオルで押さえてください)
  • 治療当日の体温計測

新型コロナウィルスに限らず、当院では院内感染予防対策は常に行っております。このような自体でも、安心して治療を受けられるよう当院も最善を尽くします。

当院の院内対策について詳しくはこちら