新型コロナウィルスに対する感染症予防対策について

当院が行ってるコロナウィルス対策について

数ある歯科医院の中から、当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウィルスに対しての方針と対策についてお伝えします。

感染経路

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳・つばなどが飛沫し、ウィルスが放出され、口や鼻から吸い込んだ別の方が感染します。混雑した電車など人が集まる場所で起こると見られています。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。多くは電車の手すりやつり革、ドアノブなどです。

上記の感染経路が予測される中、治療に来られる方に対して、当院の院内感染対策についてお話します。

当院の方針

院内での対策

  • 手指の消毒
  • 使い捨てのグローブ・マスクの使用
  • 感染源となる器具の滅菌
  • 空気中浮遊するウイルス対策のため、診療室、待合室に高濃度次亜塩素酸水(HCLO)を専用の噴霧器で拡散し殺菌しています。

アメリカ疾病予防局が提唱する「スタンダードプリコーション」(標準予防策)という、厳しい基準を参考にしています。

当院の院内対策について詳しくはこちら

患者様へのお願い

皆様が安心して治療を受けられるよう、ご協力をお願いいたします。

  • 手指の消毒
  • マスクがあるかたは、マスクの着用
  • ハンカチやタオルの持参(くしゃみや咳をする際は、なるべくハンカチやタオルで押さえてください)
  • 治療当日の体温計測

新型コロナウィルスに限らず、当院では院内感染予防対策は常に行っております。このような自体でも、安心して治療を受けられるよう当院も最善を尽くします。

当院の院内対策について詳しくはこちら