前歯のセラミック治療

どんな時に前歯のセラミック治療が必要になりますか?

  • 虫歯が進んで深く広がり、詰め物ではもたなくなったとき
  • 既にレジンなどの詰め物治療が多数あり、継ぎはぎになってしまっているとき
  • 歯の色や白さを変えたいとき
  • 歯の形が気に入らない時
  • 歯の黄ばみや黒ずみが気になるとき
  • 神経を取った歯が変色してきたとき
  • テトラサイクリン歯の色、形を変えたいとき
  • 既にセラミッククラウンが入っているが歯茎との境目がスキマがあり虫歯になっているとき
  • 既に旧式のメタルボンドクラウンやレジン前装冠が入っていて、使用金属のせいで歯茎が黒ずんできたとき
  • 歯並びや出っ歯を治したいが、矯正はしたくないとき

前歯のセラミック治療を行う際の注意点はありますか?

前歯の審美美容歯科治療の「ゴールデンルール10』を守ること

かみ合わせの調和を図ることです。臼歯より紙2~3枚分位かみ合わせの力を弱くすること。 顎を前方そして側方に顎を動かしたときの歯と歯の接触ガイドが調和とれていること。上下の歯合わせて歯を左右にスライドさせたとき、犬歯と犬歯のみがあたって他の歯は接触していないことが大切です。 これらのかみ合わせを再現する為に、中心位という上下のあごの位置が一番理想的なかみ合わせを記録したり、フェイスボウトランスファーという装置を使ってかみ合わせの平面を記録し、Kavo咬合器という人間のあごと同じ大きさで動かせる機器に装着して分析したうえで理想的な形や再現していきます。

土台の形成はクラウンが脱離しないよう、セラミックの厚みが十分取れる様に3~4面に分けて形造ること

精度のよい前歯のセラミッククラウンを作るため、型取りの前に歯と歯茎の境目に「圧排糸」という糸と歯茎を引き締める薬を入れ、型取りの輪郭をはっきり出すことが大切です

型取りの材料は変形が少なく、水分ともなじみの良い良質なシリコン印象材を使うことです

仮歯も、歯と歯茎の境目にピッタリに作り、歯ぐきを理想的な形に整え、かみ合わせも最終形に近い様なものをいれておくこと

隣の歯の色や、上または下の歯の色に合わせること、出来るだけリアルな色調にするために、「クリスタルアイ」という光学機器で歯の色をデジタル的に解析し、そのデータをセラミック美容審美歯科専門のラボに送る。

前述の審美美容歯科ゴールデンルール10を再現する為に、様々な角度から取ったお顔の写真、口元の写真を撮影し送ります

前歯のセラミックで選択できる素材を教えて下さい。

  • ジルコニアポーセレン
  • オールジルコニア
  • e.max
  • e.maxポーセレン
  • メタルボンドポーセレン

前歯のセラミックの治療の流れを教えて下さい。

  1. レントゲン検査、虫歯進行度、歯周病、根管治療状態チェック(必要なら歯の根の治療と土台築造を行います。)、かみ合わせの分析、写真撮影、フェイスボウ、中心位採得(あごの一番正しい位 置)必要なら咬合調整
  2. 支台歯形成(セラミッククラウンの土台形成)、歯肉圧排(歯と歯茎の境目  を綺麗に精密に型取りする為に専用の糸を入れます。この工程がとても大切です)、かみ合わせ採得、印象(型取り)、仮歯製作、クリスタルアイで測色(光学機器とコンピュータで細かい歯の色、シェー、彩度、明度)を計測します)、ラボ用写真撮影
  3. セラミッククラウンセット 治療終了
  4. メンテナンス へ