こだわりを持った大西歯科モノレールビルクリニックの治療

当医院の歯科治療

当医院の歯科治療

「神は細部に宿る」という格言があるように、当医院の歯科治療は、治療ステップ、材料、機材に細心のこだわりを持ってあたっております。細部に気持ちを入れて、その積み重ねで完成した作品(治療)は、出来が良くて、見た目も良く、長持ちするに決まっているからです。院長は歯科治療に関し、極めてまじめな性格で、常に患者さんにとって何が良いのか真剣に考えております。大西歯科モノレールビルクリニックでは、保険医療費抑制政策のこの日本で、見かけだけの患者サービスではなく、様々な歯科治療分野で、「結果が全て」という質を重視した「本当の治療」を目指し日々、診査・診断・治療・予防にあたっております。治療は全て勤務医ではなく、院長が初めから終わりまで責任を持って行います。

当院ではすべての歯科治療において、「咬み合わせ」を重視しています。咬み合わせが乱れていると、ブラッシングがしにくいために虫歯や歯周病になりやすかったり、骨格の歪みを招いたりと、さまざまな体の不調につながるリスクがあります。「歯1本だけ」にこだわるのではなく、口腔内環境をトータルで考えることで、全身の健康へとつなげていきたい――という考えです。

大西歯科モノレールビルクリニック 7つのお約束

1.完全滅菌主義で院内感染を予防します。

2.痛くない治療にこだわります。

3.分かりやすく、納得のいくご説明をします。

4.長持ちし、やり直しのない治療を行います。

5.美しい治療にこだわります。

6.万全のアフターケアをご提案します。

7.ホスピタリティーに満ちた歯科医院を目指します。

本当の治療とは

大西歯科モノレールビルクリニックは、「そうなってしまった原因を考える」ということを念頭に置いています。本当の治療とは、出来るだけ元の状態に戻すか、あるべき理想形を再現するか、長持ちする治療が出来るか、ということですが、悪くなった原因を除去しないと必ず同じことが発生し、それを5回繰り返すと大切な歯を失ってしまうと言われているのです。

初診時に患者さんの訴えるお悩みをなるべく早く解決することは大切ですが、応急措置が終わったら、咬み合わせや歯周組織の精密な診査診断を受けるべきです。そして原因除去と、機能と見た目も美しく、長期的に長持ちする治療を考え、患者さん一人ひとりに合ったプランを複数ご提案し、治療方法、治療費用、治療期間を明確にした計画書をお渡ししています。そこで患者さんのご意見をしっかりお聞きすることでご不明点をしっかり解消し、互いに納得の上で治療を進めてまいります。また「歯科治療は痛くて苦手」「怖い」という方も沢山おられると思いますので、独自の呼吸法やコンピュータ制御の麻酔器を使い、負担の少ない治療に取り組んでいます。

治療へのこだわり

あなたの歯と人生に輝きを!

あなたの歯と人生に輝きを!

大西歯科モノレールビルクリニック
院長 大西祥文

略歴

1989年3月
日本歯科大学卒業
1989年4月
東京医科歯科大学歯科麻酔学教室入局
1991年4月
八重洲南口歯科勤務
1996年3月
赤坂・山王病院 歯科医長就任
1997年4月
大西歯科モノレールビルクリニック開院

より良い歯科治療を目指して

大西歯科では一日の治療で拝見する患者さんは、大体8名前後です。歯科衛生士がクリーニングなどのメンテナンスで担当する患者数もそれくらいです。
「神は細部に宿る」と申しましたが、我々の仕事は、人様の体を癒す、神様に任された仕事だと思っております。任された仕事を責任感を持って行うのには充分な時間をかける必要があるのです。したがって一日に診ることが出来る患者数は自ずと決まってしまい、必ずしも患者さんのご希望通りのご予約が取れないかもしれません。より良い歯科治療をお受けになりたい場合は、出来れば平日の昼間にご予約を取ってください。丁寧に確実な治療を全力で行うことをお約束します。
歯科治療という性格上、急患対応は避けられません。かといってご予約を守っていらっしゃる患者さんの手抜き治療をすることはできません。急患対応や、急な症状で治療内容の変更のために、ご予約を取られている患者さんをお待たせすることがありますが、満足のいく治療をいたしますのでお許しください。

良い歯科医院とは

大西歯科では1997年に浜松町モノレール駅ビルに開業以来、健康保険治療から歯周組織再生治療まで、幅広い治療を提供しています。祖父、父の代から90年以上綿々と引き継がれた歯科治療に対する真剣で真面目な姿勢を貫いております。
みなさんは、良い歯科医院はどんなところだと思われますか?
「痛くなかった」「やさしくしてくれた」「沢山患者さんがいたから腕がいいのだろう」などはわかりやすいですが、それが本当に良い歯科医院だとは評価のしようがなく難しいですね。私が考える良い歯科医院とは、「大西歯科の7つのお約束」に書いてあるような歯科医院です。自分や自分の家族にしてもらいたいと思える治療や説明をしてくれる歯科医院です。ですので、私は患者さんに決して良いことばかり言うことはなく、患者さんの言われる通りに治療することで長期的にデメリットがあるような場合は、親が子供に悪いことは伝えるように、はっきりと伝えます。患者さんに不利益と思われることは、目先辛いことでも伝えなくてはいけないことがあるのです。

歯科治療はどんどん進化していっております。歯科治療を自分の使命だと認識している歯科医師は、常に新しい技術や知識の研鑽に努めています。私も休診の日に休んでいる日は月に1~2日ほどしかなく、大抵は何らかの勉強会に参加しています。いくつになっても進化し続けたいですし、悔いのない歯科治療を行い、悔いのない歯科医師人生を送りたいからです。

日々のケアについて

家も、車も、歯も、長く使うためにはお手入れが大切です。仕事が忙しかったり、家族のお世話で自分の体に目を向けることが出来なかったりで、残念ながら悪くなってしまったところは、一度完璧にリフォームしたりレストアしましょう。時間や費用のことで一度に治すのが大変ならば、計画的に分散させて優先順位が高いところから仕上げていけばよいのです。

歯科の先進国のヨーロッパでは80歳になっても平均20本以上の歯を維持していますが、同じ先進国の日本では4~5本しか残っていないのが現実です。しっかり咬めるということは、確実に「健康寿命」を延ばすことが出来、亡くなる間際まで元気に好きなことをして暮らしていける確率が高くなるのです。病気がちで長く介護を必要とする晩年を過ごすことは、本人のみならず周りの人にも辛い思いをかけてしまいます。日本の高齢者はヨーロッパの人に比べ、寝たきり介護になる比率がとても高いのです。川の上流がよどんでいて、下流が綺麗なことはあり得ません。お口は命の入り口なので、先ずは口腔内の健康に目を向けて、歯も先進国の仲間入りをするべきでしょう。

一度精密で長持ちする治療を受けた後にその状態を保つ秘訣は、ご自身のお手入れと、定期的に歯科医院で咬み合わせの調整やクリーニングなどのメンテナンスを続けることです。車だって長く快適に使うためには、定期的にオイルを交換したり、タイヤを交換したり、部品も交換する所が出てくるでしょう。見た目も良く保ちたければ、洗車やコーティングすることも必要でしょう。時間も費用もかかりますが、ひいてはそれが一番のお金がかからない状態を保つことにつながるのです。車は買い換えれば新車になりますが、歯は失ったら元に戻らないので、「めんどくさい」と言ってる場合ではないのです。

大西歯科は1997年開業以来、一貫して上記のような想いで歯科治療に携わって、多くの患者さんと信頼関係を築いてまいりました。口腔内でお悩みがある方はまず当院にお越しください。30年積み重ねてきた経験と、絶えず世界中の研修会で学んでいる最新の知識で、高いレベルの、虫歯治療、歯の根の治療、セラミック治療、咬み合わせ治療、顎関節の治療、歯周病治療、再生療法、美容歯科、インプラント治療、入れ歯治療、矯正治療、ホワイトニング、歯のクリーニング等で貴方のお悩みを解決いたします。

歯は内臓の鏡・美しい歯は全身の健康を約束します

美しい歯は

歯が美しいことは、実はただそれだけにはとどまりません。長年歯科治療に携わってきて今一番強く感じていることは、口の中の健康は人生を楽しみ、働くことを楽しみ、食すことの楽しみを味わうという幸せの基本であるということです。

自分の歯を知ることが大切

それにはまず自分の歯がどういう状態なのかを口腔内カメラや口腔内の細菌を移すモニター等で、自分の目で把握し、自分の歯の構造にあったお手入れの方法を知り、習得することが大切です。その上で治療すべきところはきちんと治療し、治療後はもう二度と歯を削らないという気持ちで、前述にもある口腔内ケアを継続していくことが必要です。

歯周病は感染症

歯周病は普段の生活が作りあげる感染症なのです。
歯周病菌は体内を駆けめぐり、これにより狭心症や心筋梗塞になるリスクは健康な歯の2.7倍となり、又流産や早産になるリスクは7倍とも報告されています。全身に深く関わっているのです。
そして、私が歯科医師になり一番注目し、力を注いできたことは「咬み合わせ」と全身疾患の関連性です。

「咬み合わせ」と全身疾患

美しい歯、美しい歯列、美しい顎の関節の動きを得ることにより何でもよく咬める状態を獲得し、その状態を維持すること、又、咬み合わせの治療をすることにより、顎関節、頚椎のゆがみを修正することができれば脳血流は増え、老人性痴呆になりにくく、全身の血流が良くなることで痛み、こり、痺れ、冷え、高血圧、低血圧、糖尿病、アトピー、更年期障害等の症状が根本的に改善されることがよくあります。

医学常識では信じられないことなので、最近著名な教授によって追認されるままで、なかなか学会等でも認められませんでした。

私にこれらのことを気付かせてくれたのは、総義歯の患者さんでした。十数年前、「総義歯で咬めない」という主訴で来院された、1人の女性患者の治療の途中で、長年の強い肩こりが突然消えてしまったのです。最終的には「肩もこらなくなったけど、年中引いていた風邪を引かなくなりました」とのことでした。

「治療」から「メインテナンス」へ

最近では、日本でも口元の美しさへの意識が高まりつつあるようです。しかし、今だに歯医者さんはやっぱり怖いところ。治療は痛いし、独特の音や臭いがあってなじめない、とためらう人は多いことでしょう。では歯をきれいにすることを目的とした歯医者さんはどうでしょう。クリーニングや歯のホワイトニングを基本メニューとして揃えた歯のクリニックです。

歯は顔のあかり

歯は顔の“あかり”そして“天然の宝石”です。白い歯は顔を明るく照らし、写真を撮っても実際顔が明るく映ります。

今、欧米の女性達は顔をお化粧するのと同様に歯を白くしたり、歯並びを整えることに努力を惜しみません。より美しくなりたいなら、まず歯に関心を持つことが大切です。

ホワイトニング又は漂白という言葉から歯の色素を脱色することと思われている方も多いのではないでしょうか。ホワイトニングに「FAPホワイトニング」というシステムがあります。

FAPホワイトニング

現在歯科医院や美容歯科で行われているホワイトニングシステムの多くは米国からの輸入で、漂白剤をレーザーやプラズマ光で活性化させ、エナメル質の表面をでこぼこにし、歯の内部の色が透けないようにしつつ光を乱放射させ、歯を白く見えるよう錯覚させるというメソッドのため、歯を虫歯になりやすくし色も短期間で後戻りしてしまう欠点があります。

又、日本人の歯は欧米人よりもメラニン色素が強いので、残念ながら同じ薬剤を使っても効果が出にくいのです。

FAPホワイトニング

FAPホワイトニング」は、全くの無痛で、黄色人種のように色素を多く持つ歯に対応して開発された、日本初の最先端技術です。歯のエナメル質表面にエナメル質と同じ成分の強化カルシウムをコーティングすることにより、歯を白く・強くするというもので色の後戻りもなく、虫歯予防も強固に行える方法です。

又FAPホワイトニング法は常に動物実験などにより歯や歯の神経、身体への安全確認を行っています。白く美しい理想的な歯となり歯の健康も守られる、まさしく最先端の歯のホワイトニングといえるでしょう。従来のホワイトニングに満足しなかった方、人と接するご職業の方、笑顔をより輝かせたい方、あなたも健康的な白い歯にしませんか?

FAPホワイトニングは日本発の開発により都内でも数カ所クリニックでしか行われておりません。今後世界で主流になってゆく方法と確信しております。費用も随分格安になり年齢・性別問わず行えますので、専門医までお気軽にご相談下さい。

生活習慣の違いが生んだ虫歯大国ニッポン

生活習慣の違いが生んだ虫歯大国ニッポン

映画「プリティーウーマン」でジュリア・ロバーツ演じるヴィヴィアンがデンタルフロスを使っていたシーンを覚えている方もいるでしょう。歯ブラシの他に、歯と歯の間の汚れを落とすデンタルフロスや歯間ブラシを使うのは、欧米ではごく日常的な風景。

歯間部のケアは大切

Floss or Die(フロスをするかどうかで歯の寿命が決まる)という諺がある位、歯間部のケアは大切と認識されていますが、日本ではまだまだ浸透していない生活習慣です。ところが、これこそが日本人に虫歯や歯周病が多い原因の一つなのです。

歯列矯正

そしてもうひとつ、歯にまつわる生活習慣として日本に定着していないものに、歯列矯正があります。歯並びが悪いと、歯のブラッシングがしにくくなり、歯の健康、強いては全身の健康も損ない易くなります。

不正な咬み合わせ

又、不正な咬み合わせにより口元がおかしいと、知らず知らずのうち内向的な性格になったり、非積極的になったりし、矯正治療はこの様なコンプレックスから患者さんを解放し、自分に自身が持てるようにしてくれます。ところが、日本では歯列矯正をする人はそれほど多くはありません。対してアメリカでは、古くから歯列矯正は一種のステイタスとされています。これもやはりなじみのあるハリウッド映画のセリフから伺えます。

例えば「カサブランカ」(42年)で、「10年前君は何をしていた?」と聞かれたイングリッド・バーグマンは「歯列矯正をしていたわ」と答えるし、「がんばれ!ベアーズ」(76年) では、主人公の少女が野球の賞金を「まず最初に歯列治療にかかるんだ」と言う。

歯列矯正はそれほど身近なものなのです。この様に、欧米では当たり前の歯の習慣が日本には定着していないことが、残念ながら日本を“歯の後進国”とさせてしまっているようです。

テレスコープ拡大鏡

医療用拡大鏡は口の中を拡大して見ることができる眼鏡です。
テレスコープとも呼ばれています。

仕上げが正確でキレイになり治療した部分も長く保つことができます。

歯の治療は細かい作業。詰めたりかぶせたりという治療の仕上げのときに、わずかなすき間などが残ってしまう可能性もあります。そういう部分からまた悪化してしまうこともあるのです。

当院の特徴

徹底した滅菌処理

徹底した滅菌処理

医療施設は常に清潔でなくてはなりません。当院では肝炎ウイルス、MRSAといったウイルスや細菌による「院内感染」を未然に防ぐため、治療に使う器具は切削器具も含めすべて徹底滅菌しています。

ディスポーザブル製品の使用

ディスポーザブル製品の使用

紙コップ、紙エプロン、紙ヘッドレストとともに、ディスポーザブル(使い捨て)のアレルギーの出にくいプラスチックグローブやニトリルグローブを採用し、衛生管理に努めています。使用済みの注射針やメス刃、脱脂綿などは医療廃棄物専門業者に委託し、適正に処理しております。

インフォームドコンセント(説明と同意)

インフォームドコンセント(説明と同意)

患者さんと医師、スタッフが信頼関係で結ばれているからこそ、適切で有効な治療が可能になります。当院では患者さんとの対話を大切にし、現状や治療内容を分かりやすくご説明したうえで、きちんと同意をいただいてから治療を進めてまいります。なお、治療前、治療中、治療後には、CCDカメラで撮影したお口の症状をご覧いただきますので、目で見て確認することができ安心です。

全身の健康と美しさ、快適さを追求した、
痛みの少ないこだわりの治療をご提供します

咬み合わせから始める治療

【咬み合わせから始める治療】

口腔内にとどまらず、頭痛、肩こり、腰痛などの全身症状と咬み合わせの関係を考慮に入れた診査・診断・治療に取り組みます。

自然美を追求

【自然美を追求】

「自然美」を念頭に置いた最新の審美歯科、歯のホワイトニング、最先端のCAD/CAMを用いた修復法で患者さんの満足度とロイヤリティーを高めます。

痛みの少ない治療

【痛みの少ない治療】

クンバハカ法という呼吸法とコンピューター制御された電動麻酔注射器を併用することにより、ほとんど痛みのない治療を行います。