歯周病を治さずインプラント治療を受けるのは危険です

失った歯を補う治療として注目を集めている「インプラント治療」ですが、歯周病にかかっている状態では失敗する確率が高まってしまうため注意が必要です。東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病やインプラント周囲炎の専門治療を行っています。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは、虫歯や歯周病、不慮の事故などで歯を失ってしまった人のための修復治療、補綴(ほてつ)治療の一つ。従来の入れ歯やブリッジと並び、近年注目を集めている先端治療です。

歯を失ってしまった顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこへセラミックなどでできた人工歯を装着します。ここ数年、インプラント治療の技術はとても進歩しており、「第二の永久歯」と称されるほど自然な見た目と咬み心地を手に入れられます。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 天然歯に近い咬み心地に回復できる
  • 周りの健康な歯に負担をかけない
  • 見た目が自然に仕上がる
  • しっかり咀嚼(そしゃく)することで咬む刺激がしっかり伝わるので、顎の骨が痩せていくのを防げる
  • 顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術をともないます
  • 自費診療なので、治療費が高額になることも
  • 顎の骨に埋入したインプラントがなじむまで時間を要するため、治療期間が比較的長め

治療の種類(1回法と2回法)

治療の種類

インプラント治療には、「1回法」と「2回法」の2種類があります。1回法は、顎の骨にドリルで穴を開けて人工歯を取り付けるヘッド部分を露出させるようにインプラントを埋め込み、インプラントが顎の骨になじんだら、アバットメント(支台)を取り付けます。

2回法では、ヘッド部分を歯肉で覆い様子をみて、もう一度歯ぐきを切開してアバットメントを取り付けます。1回法のほうが時間や負担がかからないためメリットは多いですが、顎の骨が十分にあることなど条件が必要です。

最近では抜歯即時埋入、即時荷重法といって歯を抜いてその日のうちにインプラント埋入し、同時に支える骨が足りないところに骨を作る再生療法まで行い、ケースによっては仮歯まで入れる治療も出来るようになってきました。

その方がインプラントを守る周りの歯肉が出来易いこともありますし、負担となる手術を1回で終えることが出来ます。一方、2回法は時間がかかる分、しっかりと治癒できる時間を得られ、ほぼすべてのケースにおいて適用できます。この場合、付着歯肉というインプラントを守る歯肉を別に移植することが多いです。

ケースごとの治療

case1歯を1本失くしてしまった

[case1]歯を1本失くしてしまった

入れ歯やブリッジのように、失った歯に隣り合う健康な歯を削ることはありません。失った部分のみの治療で済み、天然歯と同じ色味のセラミック製の人工歯を選べば見分けがつかないほど自然な仕上がりになります。前歯は見た目の審美性が大切なとこなので、綺麗に見えるように歯肉を移植したり厚みを持たせるために人工骨やコラーゲンなどを応用して再生療法をすることが多いです。

case2奥歯を複数本失くしてしまった

[case2]奥歯を複数本失くしてしまった

ブリッジのように歯を削らずに修復できますし、入れ歯のような金属のバネ(クラスプ)で固定させたりしないので、見た目の問題や違和感がありませんし、自分の歯を揺さぶるクラスプが無いので歯を守ることにもつながります。人工歯根を顎の骨に埋入するので、しっかりとした咬み心地を再現でき、硬い物も安心して食べられます。

case3すべての歯を失くしてしまった

[case3]すべての歯を失くしてしまった

総インプラント手術なら、入れ歯のようにはずれたりズレたりする心配はありません。義歯は、しっかりと顎の骨に固定されているので、まるで自分の歯のように力を入れて咬むことができるので、食事も会話も安心して楽しめます。

但し、老後に介護が必要になったり、何らかの障害でブラッシングなどのお手入れが難しくなった場合のことを考えて、出来るなら上部構造は可撤式にした方が良いと思います。インプラントだけ骨の中に残し、カバースクリューで蓋をしたり インプラントの上に装着できる入れ歯に変更できるようにしておけば安心です。

「インプラント周囲炎」にご注意

インプラント周囲炎とは、インプラントのまわりに生じる歯周病に似た病気。歯周病と同じく歯周病菌によって引き起こされ、放置していると歯茎の減退や顎の骨の溶解などが起こり、最終的にはインプラントが抜けてしまう事態に発展します。

「炎症を起こしにくい」「出血しにくい」「痛みがない」「インプラントがグラつきにくい」など、歯周病よりもさらに自覚しにくい病気です。さらに進行スピードが非常に速く、歯周病の10~20倍の速さで悪化していきます。インプラント治療を受けた方の25~56%がインプラント周囲炎にかかっていると言われ、歯科医療における重大な課題となっています。

インプラント周囲炎の予防は歯周病治療が第一

インプラント周囲炎の予防は歯周病治療が第一

歯周病がある状態では、せっかくインプラントをしてもインプラント周囲炎にかかりやすくなってしまいます。インプラント治療を受ける際には必ず歯周病がないかチェックを受け、先にしっかりと治療するようにしましょう。当院では「乳酸菌による歯周病治療」や「HCLO水療法」など、最先端の治療法で短期間での歯周病治療が可能です。インプラントをお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

インプラント治療後は定期的なメインテナンスが重要です

インプラント治療後は定期的なメインテナンスが重要です

インプラントは虫歯にはなりませんが、上記のように「インプラント周囲炎」には注意する必要があります。インプラントを末永く保つためには、自宅でのセルフケアだけでなく歯科医院での定期的なメインテナンスが大切です。ご自身ではケアしきれない細かい部分までしっかり手入れしてもらうことで、口腔内環境を健やかに保ちましょう。