軽度歯周病について

JR浜松町駅直結の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療・口臭専門治療を行っています。歯周病は進行度によって「歯肉炎」「軽度歯周病」「中度歯周病」「重度歯周病」と分類され、最終的に歯を失うことにもつながる病気です。こちらでは、軽度歯周病の症状についてお伝えします。

軽度歯周病の症状

軽度歯周病の症状

歯周病の初期段階である「歯肉炎」では歯と歯肉の間(歯肉縁下)に炎症があらわれますが、そこから進行した「軽度歯周病」では炎症が悪化するだけでなく、歯を支える顎の骨が溶かされはじめます。また歯肉縁下の溝が2~4mmほどまで深くなり、「歯周ポケット」と呼ばれる状態になります。

具体的な症状としては、

  • 歯茎が赤く腫れる
  • ブラッシングや食事をすると歯茎から出血することがある
  • 冷たい水がしみることがある
  • 歯を押すと前後に動くことがある

といったものが挙げられます。

歯周ポケットには歯周病の原因となる歯垢や歯石が溜まりやすく、放置していると歯周病はさらに悪化してしまいます。歯周病の初期の段階では痛みも伴わないので、できるだけ定期検診を受け、早期発見・早期治療を実現できるよう心がけましょう。

歯周病の感染経路

歯周病の発症は、おもに次のパターンがあります。

  • 免疫力が低下し、もともと口の中にも存在している細菌によって発症

歯周病のおもな原因は歯に付着する歯垢(プラーク)が原因とされています。このプラークは生きた細菌の塊で、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に多く付着しているといわれています。多くのプラークは酸素を好まないため、酸素量が少ない「狭い隙間」に集中して付着するのです。このプラークから発せられる毒素が原因で歯茎に炎症を起こします。

また、歯周病が招く病気の危険性が世の中でも話題として取り上げられています。
歯周病となる菌のおもな特徴として、生体の攻撃をかわし(自然治癒が不可)、血管までも作用するため、心筋梗塞・脳梗塞といった事態にもなりかねません。

症状が軽度の段階でしっかりとプロケアを行い対処することで、以上の事象を防ぐことができます。放っておいても進行しかしませんので、当院までお気軽にご相談ください。