歯周病についての基礎知識

東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療・口臭専門治療を行っています。こちらでは、歯周病の基礎知識として、その進行段階についてご説明します。JR浜松町駅直結でとても通いやすい歯医者ですので、お口のお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

歯周病とはどんな病気なのでしょうか?

歯周病とは「歯の土台が破壊され、歯を失う病気」です。

歯周病について

歯周病を一言で説明すると、「歯の土台が破壊され、歯を失う病気」ということになります。一方の虫歯は、「歯そのものが破壊され、歯を失う病気」と言えるでしょう。

一般的には虫歯の方が強い痛みがあるため「怖い病気」と思われていますが、実は歯を失う原因で一番多いのは歯周病です。歯周病は初期の段階では、自覚症状がほとんどないため治療を怠りやすく、そのため歯を失う結果へとつながってしまうのです。

また、歯周病が進行すると歯の土台が大きく損なわれ、入れ歯やインプラントなどの処置が難しくなります。加えて、歯茎が痩せることで周辺の健康な歯や治療中の歯にも悪影響を与えることになるなど、口の中が取り返しのつかない状態になる恐ろしい病気なのです。

自覚症状がほとんどない

そのうえ、統計的に見ても歯周病によって4割もの歯が失われています。 歯周病にも程度と症状はいろいろです。日常の歯のケアを怠っていると、歯周病の原因となるプラーク(歯垢、歯苔)が繁殖して、歯石(歯周病原菌の温床)が歯に付着します。 この状態では自覚症状がありませんが、立派な歯周病の予備軍です。

歯ぐきから血が出る状態は、初期から中程度の進行具合です。 まだ歯肉炎(歯茎に症状がでる)の状態です。 このまま進むと歯がグラグラして歯周組織(セメント質、歯根膜や歯槽骨など)が破壊される歯周炎となります。

歯周病はどのように感染する?

歯周病は“歯周病菌”が原因で起こる病気です。
ではその菌は、いつ、どのようにして口の中に現れるのでしょうか?
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、歯周病菌も虫歯菌も存在しません。
レッドコンプレックス(重度の歯周病に影響している三大歯周病菌)の中でも、特に病原性が高いP.g菌(P.gingivalis)は子供の口の中にはほとんどおらず、10代後半頃から口の中に定着します。そして中年期まで潜伏し、歯周病の発症をじっと待っています。
T.d菌(T.denticola)とT.f菌(T.forsythia)は小中高生の頃までに感染し、定着することがわかってきました。
感染経路ははっきりとはわかっていませんが、唾液感染によりうつるといわれています。
キスなどによる直接感染、家族間での日常的な間接感染、他人と食べ物を介した偶発的唾液感染などがあげられます。
ご夫婦間・親子間などの密接なコミュニケーションでは感染リスクが高くなるので、ご家族単位での治療・予防が大切です。

感染後は、生活習慣、食生活、ライフステージの変化、健康状態、免疫、噛み合わせ等、さまざまな理由で菌と身体の共生関係が破綻し、歯周病の発症に至ります。

お口の中の健康はこのようにして保たれています

お口の中の健康はこのようにして保たれています

皆さんのお口の中には、健康な状態であってもごくわずかな細菌が存在しています。

人体には、もともと細菌の活動に抵抗する力があり、歯肉溝(接合上皮)の部分には、白血球、マクロファージ、リンパ球が移動してきます。そして細菌と戦う準備をします。これが免疫の働きです。

このように人体には防御機構が働いているのです。

大西歯科モノレールビルクリニックでは予防歯科にも力を入れております。まず、自分のお口の状態を把握しましょう。

歯科医院へは歯が痛くなる前にメンテナンスとして来ていただきたいと思います。

虫歯(齲蝕)も歯周病も細菌感染症です

虫歯(齲蝕)も歯周病も細菌により起こります。細菌は、歯の表面や、歯肉についたプラーク(歯垢、歯苔)の中にいます。

細菌の活動に対する抵抗力(生体の防御力)は人によって大きな差があり、虫歯(齲蝕)や歯周病になりやすい人と、なりにくい人がいるのは、そのためです。

プラークについて

プラークというのはさまざまな細菌が協力したり、拮抗したりして形成する共同生活体のことをいいます。

細菌はお互いに強固に結びついてキャンプを張って自分たちの生息している場所を形成しているので、簡単には取り除くことはできません。

プラークを除去するためには専門家の助けが必要になります。

歯根表面あるい

歯根表面あるいは歯石の表面
※ 山本 浩正著 ペリオのためのバイオテクノロジーより 引用

歯周病にかかる理由とは?

歯周病にかかる理由とは?

歯周病は、歯と歯肉の間(歯肉縁下)に入った歯周病原菌によって引き起こされます。

細菌の活動は、歯と歯肉の間の結合組織を徐々に壊し(付着の喪失のはじまり)、すきま(歯周ポケット)を作ります。このとき、タバコを吸っていたりストレスが溜まっていたりすると、免疫に悪影響が出て症状の進行が早まります。

歯周病にかかる理由とは?

歯周病の進行段階

歯周病の初期の段階を「歯肉炎」と言い、炎症が深部組織(セメント質、歯周靱帯、歯槽骨)に進行したものを歯周炎と呼びます。歯周病は進行度によって「歯肉炎」「軽度歯周病」「中度歯周病」「重度歯周病」と分類されます。

歯肉炎のはじまり

口の中の細菌数が増えるにつれて、歯肉縁下に炎症症状が現れます。歯肉が赤く腫れ、出血が起こり、仮性ポケットが形成されます。これが歯肉炎です。この段階で適切な治療を受ければ、大部分の歯肉炎は健康な歯肉に回復します。

しかし歯肉炎を自分で発見するのはなかなか困難です。そのため、歯科医院で定期検診を受け、歯科医師に歯肉炎を発見してもらうことが重要になってきます。

歯肉炎と歯周炎の分類

歯肉炎の分類

歯肉炎の分類

歯周炎の分類

歯周炎の分類

こうなると歯周炎

歯肉炎を放っておくと

歯肉炎を放っておくと、歯と歯肉を結び付けている歯周靱帯(歯根膜)がこわされ(付着の喪失)、そこに歯周ポケットが形成されます。

続いて歯槽骨が吸収して歯がぐらぐらになり(歯の動揺)、さらには歯周ポケットからうみが出るようになります。進行してしまった歯周炎は、患者さんと歯科医の努力によって、ある程度まで健康な状態を取り戻すことは可能ですが治療して完全に元通りの歯肉や歯槽骨の状態に戻すことはできません。

歯肉炎を放っておくと

下の2枚はそのまま放置され、末期の歯周炎になった例です。このような状態まで進行してしまうと、抜かずに治療することはできません。

※この症例写真は新潟市で開業されていた石井歯科 院長 石井正敏先生より提供していただきました。

もっと知りましょう歯周病のこと

犯人は歯周病原菌

歯周病には2つの感染経路があります。

(a) 誰もが持っている内因性の細菌に、防御力の低下した時に日和見感染として発症する場合

(b) 本来健康な人には存在しない細菌が、人から人へと感染して発症する場合

犯人は歯周病原菌犯人は歯周病原菌

侵襲性歯周炎の原因菌とされる アクチノバチルス菌 A.a.(Actinobacillus actinomycetemcomitans)という菌は、思春期の頃両親から感染します。

また、ポルフィロモナスジンジバーリス菌 P.g.(Porphyromonas gingivalis)という菌は、感染するためには最低10数年の接触が必要とされています。

P.g.菌には夫婦間の感染もあることが報告されています。

歯周病そのものは遺伝するものではありませんが、家庭環境や歯周病を進行させやすい素因の存在は無視できません。

家族全体の診査や治療が必要なのは、このような理由によるものです。

犯人は歯周病原菌

症状が重くなる場合の2パターン
非常に病原性の強い細菌に感染した場合

タバコも吸わず、糖尿病のような全身性疾患もなく、生体の抵抗力も特に低くないのに、歯周炎になる場合があります。

通常の抵抗力を上回る非常に強い細菌に感染した場合です。侵襲性歯周炎(あるいは若年性歯周炎)はこれにあたります。

非常に病原性の強い細菌に感染した場合

抵抗力がきわめて低い場合

だれでも持っているような細菌でも、重い歯周炎を引き起こすことがあります。

抵抗力がきわめて低い場合

身体や歯周組織の抵抗力が、他の人より低くなっている場合です。その原因となるものを危険因子(リスクファクター)といいます。危険因子には遺伝的危険因子、環境的、後天的危険因子があります。

歯周病の進行を止めるには

歯周病の進行を止めるには

プラークをできる限り取り除く

歯周病の進行を停止させるためには、まずプラークをできる限り取り除き(プラーク・コントロール)、歯周病原菌を少なくさせなくてはなりません。

同時に患者さんの局所的、全身的な危険因子を取り除いたり、改善することによって、生体の防御力を強めることも必要です。

プラークをできる限り取り除く

生活リズムを規則正しく

毎日の生活リズムを規則正しく、ストレスの少ない生活環境をつくることも大切です。

ストレスが多いと唾液の分泌量が減少し、その結果、唾液中の免疫物質S-IgAが十分働かなくなるからです。

十分な唾液の分泌は、う蝕や歯周病の予防に重要な役割を果たし、口腔の健康の維持増進に大きく影響します。

S-IgAは口腔という局所免疫に関与していますが、全身的な免疫システムが生体の防御という役割を担っているのです。

歯周病の危険因子
局 所 的 因 子 全 身 的 因 子
●歯の形態●歯列の中の歯の位置(歯根の近接

●歯周組織の形態

●咬合関係(咬合の異常や咬合習癖)

●歯科医原性の治療

●唾液腺の状態

●口呼吸

●プラーク中の病原菌

●口腔衛生の状態(コンプライアンス)

●遺伝的疾患●内科的疾患(糖尿病など)

●ウイルス性疾患

●ホルモンの分泌異常

●精神的ストレス

●喫煙、多量の飲酒

●薬剤の服用による副作用

●加齢(防御機構の減弱)

◆口腔と全身は密接に関係し合っています。

歯周治療の基本はプラーク・コントロールです

プラークコントロールとは

プラークコントロールとは

プラークは多くの種類の細菌集団です。

歯と同じ色をしているので、歯垢染色剤を用いて染め出しをすることもあります。

それぞれの患者さんの状態を詳しく診査、診断し、個人に適したプラーク・コントロール・プログラムを立てて、指導や治療にあたります。

歯と歯周組織に関与する細菌の生態系(エコシステム)を、ゾーン1~4に分類します。

歯周炎の危険因子はこのゾーン2、3、4の生態系に直接的、間接的にさまざまな影響を及ぼします。

歯肉縁上プラーク(バイオフィルム)

ゾーン1・・・齲蝕や歯肉炎の発症に関係

生活リズムを規則正しく
ゾーン2・・・付着性プラーク
歯肉炎の場合の縁上プラークと類似
ゾーン3・・・非付着性プラーク
大部分は、グラム陰性の嫌気性菌
歯周炎の進行に重要な役割
ゾーン4・・・結合組織や歯槽骨内に侵入した細菌
この領域では器械的な治療だけでは取り除くこと
ができないので、全身的な抗生物質の投与が必要