中度歯周病について

JR浜松町駅直結の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療・口臭専門治療を行っています。歯周病は進行度によって「歯肉炎」「軽度歯周病」「中度歯周病」「重度歯周病」と分類され、最終的に歯を失うことにもつながる病気です。こちらでは、中度歯周病の症状についてお伝えします。

中度歯周病の症状

中度歯周病の症状

歯周ポケットの深さが4~6mmに達すると、「中度歯周病」と呼ばれる状態になります。軽度歯周病から、さらに顎の骨が溶かされてしまった状態です。

具体的な症状としては、

  • 歯茎の腫れが悪化しブヨブヨとしてくる
  • 歯茎から出血しやすくなる
  • 歯周ポケットから膿が出ることがある
  • 口臭がするようになる
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える
  • 歯が前後・左右にグラつくようになる
  • 固いものを噛むときに違和感や痛みを覚えることがある

といったものが挙げられます。

といったものが挙げられます。

ここまで進行すると、歯周ポケットの奥までしっかりブラッシングすることは難しく、歯垢や歯石がどんどんと溜まっていきます。放置していると症状は悪化する一方となってしまうため、適切な治療を受けることが必要です。歯周病が原因でなくしてしまった歯や歯茎、顎の骨そのものは、治療しても元に戻るわけではありません。「あのとき治療に行っておけば……」と後悔しないですむように、お早めに当院までご来院ください。

歯周病対策の基本はプラークコントロール

歯周病対策の基本はプラークコントロール

歯周病の原因となる細菌は、歯垢(プラーク)や歯石を根城に活動しています。ブラッシングやデンタルフロスなどによる清掃、PMTC(=Professional Mechanical Tooth Cleaning/より専門的な機械による歯の清掃)など、さまざまな方策で歯垢・歯石が減らすことが重要です。当院では上記に加え、食事指導、義歯の手入れ指導などを通し、歯垢・歯石が少ない状態を保てるアドバイスも行っています。

また、咬み合わせの悪さや口呼吸、精神的ストレス、喫煙、多量の飲酒、糖尿病など、さまざまな要因によって歯周病は発症・悪化する可能性があります。当院ではこれらのリスクも総合的に判断し、患者さん一人ひとりに合った歯周病治療をご提供します。