このような症状はありませんか:歯ぐきから血が出る

JR浜松町駅から直結、東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療・口臭専門治療を行っています。咬み合わせも考慮し総合的なお口の健康をサポートしますので、下記の症状に心当たりのある方は、まずはお気軽にご来院ください。

歯ぐきから血が出る場合、歯周病の可能性があります

  • ブラッシングをしたときに歯ぐきから血が出る
  • 口の中で血の味がする

このような症状に心当たりがある場合、歯周病である可能性があります。

歯ぐきから血が出る場合、歯周病の可能性があります

歯周病は「日本人が歯を失う原因の第1位」と言われる病気で、自覚症状がほとんどなく進行するため定期検診などによる早期発見が重要とされています。もし「歯ぐきから血が出る」という症状にお気づきになったら、軽く考えず「歯周病のサインかもしれない」と捉えて、歯科医院での診療を受けていただければと思います。

歯周病は初期段階から出血します

歯周病は初期段階から出血します

歯周病には「歯肉炎」「軽度歯周病」「中度歯周病」「重度歯周病」といった段階がありますが、ごく初期の「歯肉炎」においても出血のおそれはあります。
歯周病は進行するにつれ、顎の骨が溶かされていく病気です。一度溶かされてしまった骨は、完全に元通りにすることはできません。

その結果、万が一歯が抜けてしまっても顎の骨が大きく損なわれているため、失った歯を補う治療も難しくなります。そうならないためにも、早期発見・早期治療が重要です。

もちろん、まだ骨が溶けていない段階であれば、骨や歯茎を健康な状態に再生することができます。最近では歯周病によって溶けてしまった骨を再生する先端医療も確立されてきました。大西歯科でも積極的に歯周組織再生療法を行っております。
治療開始は早ければ早いほどよいです。歯茎の腫れや出血など、少しでもお口に異変を感じたら、すぐに歯科医院で診てもらいましょう。

歯周病以外での出血する原因

歯ぎしりやくいしばり

歯ぎしりやくいしばり

就寝中、無意識にしてしまっている歯ぎしりやくいしばりは、大きな力が長時間にわたって歯や歯ぐきにかかります。この力は個人差がありますが、200㎏以上かかるとも言われており、大型犬の咬む力より強く、サメが獲物を咬む力に相当するものすごい力です。

この状態が続くことによって歯が揺さぶられ、歯ぐきが炎症を起こして出血することがあります。歯ぎしりやくいしばりには特効薬はありません。大西歯科では開口学Rという鍼、漢方薬、マウスピース、咬み合わせ調整による根本治療も行っております。

強い力でブラッシング

強い力でブラッシング

しっかり汚れを落とそうとして、ゴシゴシと力を入れて歯を磨いていませんか?かたい毛ならなおのこと歯ぐきから出血する恐れがあります。歯ぐきは繊細な組織なので、ブラッシングにも適度な力加減が必要です。

わからない方は、一度、歯科医院のブラッシング指導を受けてみましょう。その方に合った歯ブラシや歯間清掃器具をチョイスし、その方に合ったブラッシング法をマスターすることは一生の財産になります。大西歯科では世に沢山ある歯のお手入れ情報の中からその方に一番合った最先端の方法と器具を処方して原因療法に努めております。

服用薬(抗凝固剤や降圧剤など)

服用薬(抗凝固剤や降圧剤など)

抗凝固剤や降圧剤などの薬を服用していると、歯ぐきから出血する場合があります。たとえば、抗凝固剤は、血の流れを良くするので一度出血すると止血しにくくなったりすることがあります。但し、これらを服用していても、しっかりと歯周病を治し、ブラッシングでケアーしている方は炎症が無ければ出血はしません。

ドライマウス

ドライマウス

唾液量が減ってお口の中が乾燥した状態が続くドライマウス。お口の中をきれいにする作用がある唾液が減ることで、食べカスが残り、歯ぐきが炎症を起こしやすくなり、腫れて出血を起こすことがあります。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

女性は更年期障害や妊娠などによるホルモンバランスの変化が原因で、歯ぐきから出血しやすくなる傾向があります。女性ホルモンを好む歯周病原因菌が増えたり、女性ホルモンが増えると局所の血流も増えることがある為です。

特に女性ホルモンは体のはたらきと密接に関係しているので、体調の変化に注意しながら、少し柔らかめの歯ブラシを使って念入りに毎日のブラッシングなどデンタルケアを続けましょう。自分で完璧にお手入れできない方が殆どなので、歯科クリニックでメンテナンスクリーニングを受けることが大切です。

白血病や糖尿病などの病気

白血病や糖尿病などの病気

まれに、白血病や糖尿病などの病気が原因で歯ぐきから出血していることがあります。歯科医院に行っても歯周病ではないと言われた方は、医科病院で検査を受けましょう。

喫煙

喫煙

喫煙によりニコチンやタールを摂取することで歯ぐきの毛細血管が顕著に収縮し、血流を悪化させます。すると歯ぐきはうっ血して腫れやすくなり、この状態に何かが触れて毛細血管が破れ出血を招きます。タバコの量を減らしたり禁煙したりすることで改善できるでしょう。

出血を止める方法

血を出してしまう

血を出してしまう

なぜ出血するかというと、体が歯周病菌に対抗する為に、白血球等を送る毛細血管を発達させた結果炎症を起こし、それが破れて出血しているわけです。
なので、原因となる歯周病菌の塊であるプラークをブラッシングで取り除き、うっ血している血も怖がらずに出してしまうのが血を止める近道と言えるでしょう。その際はやはり、正しいブラッシング法を歯科医院で教えてもらうことをお薦めします。

やわらかい歯ブラシでやさしく磨く

やわらかい歯ブラシでやさしく磨く

歯の汚れをしっかり落とすためにはかたい毛並みの歯ブラシを選びたくなりますが、ブラッシングで歯ぐきから出血し、一度にうっ血した血を出すのが怖いという人は、やわらかめの歯ブラシを使うのがよいでしょう。特に歯ぐきが腫れている場合は、ちょっとした刺激でも傷つきやすいので、やわらかめの歯ブラシでゆっくりマッサージするように磨きましょう。徐々に出血量が減少していくでしょう。

デンタルフロスの使い方に注意する

デンタルフロスの使い方に注意する

歯と歯の間の汚れを取り除くのに重宝し、歯周病予防にとても重要なデンタルフロスですが、歯ぐきに出血が見られる場合には、その使い方に要注意です。デンタルフロスは歯ぐきから歯の頭の方へ、下から上にゆっくり添わせるように汚れをかき出します。歯の間からフロスを入れて、それぞれの歯に沿わせて歯ぐきに入れると出血原因の歯周病菌が取り除けます。

フロスを使用していなかった人は、かなり出血することがありますが、これもやはり原因を取り除くことが出血を止める近道です。使い方を誤ると歯茎を傷つけて出血を引き起こすので慎重に使いましょう。フロスの正しい使用法も是非、歯科医院で教わりましょう!
大西歯科では数あるデンタルフロスの中で最もプラークを取り除けるものでご指導しております。

殺菌作用のある歯みがき剤を使う

殺菌作用のある歯みがき剤を使う

歯みがき剤がおすすめ。市販の歯磨き粉の中には、粒粒の粒子が入っていてそれが歯と歯茎の間に入り余計に炎症を引き起こすものもあったり、不要な添加物が入っているものもあるので注意が必要です。歯磨き粉に詳しい歯科医院でアドバイスを仰ぎ、適切な殺菌作用のあるものを選び、適度にマッサージも併用すれば、歯ぐきの出血も早く治まってくるでしょう。

大西歯科では最新の情報から自分たちで実際に使ってみて一番歯周病菌の殺菌に効果的なもの、虫歯予防に効果的なもの、ステインなどの汚れを落とすもの、歯肉を引き締めるもの、歯を白くするもの、口臭予防に効くものなどをそれぞれの人にあったものを処方しております。

アルコール性の洗口剤の使用を控える

アルコール性の洗口剤の使用を控える

口臭対策などのエチケットのためにお口の中がサッパリする洗口剤を使っている方は多いでしょう。しかし、アルコール成分の多い洗口剤は刺激が強く、水分をとばして乾燥も招くので、歯ぐきからの出血を増加させることがあります。

洗口剤を使いたいときは、殺菌作用は高く、アルコールが入ってないタイプを選ぶとよいでしょう。大西歯科で扱っている純度の高い高濃度次亜塩素酸水は強力な殺菌作用、口臭予防作用がある為、歯磨きと併用すればより早く歯茎からの出血を止めることが出来ます。