このような症状はありませんか:口臭が気になる

JR浜松町駅から直結、東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、歯周病専門治療や口臭の専門治療を行っています。細菌検査や免疫力チェックなどを経て投薬・施術を行う、患者さん一人ひとりに合わせた「フルオーダーメイド治療」をご提供します。

口臭が気になりだしたら、歯周病かもしれません

  • 昔に比べ口臭がきつくなった気がする
  • 人から「口が臭い」と指摘された
  • 口が乾きやすい

口臭が気になりだしたら、歯周病かもしれません

このようなことに心当たりがある場合、一般的には「歯磨き不足」もしくは「胃が悪い」といった原因で捉えられがちですが、実際には歯周病が原因になっている可能性もあります。歯周病では歯と歯茎の隙間などで細菌が繁殖し、その活動によって臭いが生じるのです。「歯茎から血が出る・膿が出る」といった症状もある場合は、ますます歯周病を疑うべきでしょう。

歯周病は、虫歯ほどの痛みはありませんが、「日本人が歯を失う原因の第1位」と言われ、日ごろからとても警戒が必要な病気です。日本人の成人の8割がすでにかかっているかその予備軍ともいわれ、誰でもかかりうる病気なのです。

ただ、口臭は自分では気付きにくく、また歯周病のほかの症状も、悪化するまではなかなか自覚できません。そのため、早期発見できるように定期検診を受けるよう心がけるとともに、もし上記のような症状を自覚できた場合には、速やかに歯科医院で診療を受けることが重要です。

口臭のおもな原因物質

口臭の原因物質の量や種類は、専用の口臭測定器によって分析します。下記は、おもな口臭の原因物質です。

硫化水素

卵が腐ったような臭いがする物質です。唾液の量が不足し、口腔内が乾燥したときに漂う臭いのため、健康な状態でも発生します。

メチルメルカプタン

野菜や魚が腐ったような臭いがする物質で、歯周病による口臭の原因です。硫化水素よりも臭いが強く、歯周病が進行するほど濃度が高くなっていきます。

歯周病になると口臭が強くなる理由とは?

歯周病が原因で発生する口臭には、様々なメカニズムがあります。その代表的な原因が、「膿み」です。歯周病によって、歯茎が炎症を起こすと歯根膜という歯茎の奥が破壊されて膿んでしまいます。これが悪臭のもとになるのです。

また、歯周病の原因菌によっても口臭が起こります。中でもP. gingivalis菌(P.G菌/ポルフィロモナス・ジンジバリス)は、強烈な臭いをともなうガスを発生するので、これらを除菌することで口臭改善を目指していきます。

歯周病以外の口臭の原因

合っていない詰め物や被せ物がある

合っていない詰め物や被せ物がある

最初はしっかりと接着していた詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)も、経年使用とともに劣化したり、歯ぎしりやくいしばりなどで歯が揺さぶられ、支点となる部分が削れて歯と被せや詰め物との間にすき間が生じます。歯に合っていないと、接続部分に汚れやプラークが溜まり、細菌が繁殖して臭いを放つようになります。溝にたまる空気に直接触れない細菌が強い臭いを放つのです。

お手入れが不十分な入れ歯、義歯

お手入れが不十分な入れ歯、義歯

上記と同様に、食事が終わってもきちんと手入れをしていない入れ歯は、汚れや細菌の温床になります。臭いが発生するだけでなく、虫歯や歯周病などのトラブルも招きますので、使用後のお手入れは毎日しっかりと行い、その入れ歯に合った除菌洗浄剤も併用しましょう。最近では、汚れや臭いが付きにくくなる入れ歯コーティングもあるので、歯科医院に問い合わせてみるとよいでしょう。

タバコやコーヒー

タバコやコーヒー

タバコに含まれるニコチンやタールが臭いの元になるだけでなく、喫煙によって唾液が減り、口腔内が乾燥することで口臭が強くなる傾向があります。一方、コーヒーは舌の表面に残った微粒子とミルクや砂糖が分解された臭気によって口臭を発生させます。愛煙家にとって缶コーヒーは、休憩時のマストアイテムかもしれませんが、実は口臭発生の悪習慣になっています。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている

ストレスによって自律神経が乱れると唾液の分泌が減少し、ドライマウスになることも。口腔内の乾燥は口臭を強くします。またストレスや過度の疲れにより体に活性酸素が蓄積すると、口臭や体臭が強くなることがあります。

口呼吸をしている

口呼吸をしている

歯並びの乱れや、上あごが小さく深さが深くなって鼻腔を圧迫して鼻呼吸が出来なかったり、鼻の病気などによって、慢性的に口呼吸をしている人は、お口の中が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなるので、悪臭が発生しやすくなります。

また、常に口が開いていると舌が上顎に触れず、舌苔(ぜったい)がつきやすくなり、これも口臭が起こる原因となります。寝ている間に口呼吸になっている方はとても多く、朝 お口がカラカラになっていて口臭を強くなっていることが多いです。唇を刺激の少ないサージカルテープなどで止めて寝るのもよいでしょう。

歯垢や歯石が溜まっている

歯垢や歯石が溜まっている

歯に付着する歯垢(プラーク)や歯石は、細菌にとって絶好の棲み家です。毎日のブラッシングなどで汚れを除去しなければ、細菌は繁殖し放題。当然のことながら、口臭の原因になります。また、虫歯や歯周病の原因にもなります。空気が嫌いな嫌気性菌という細菌が強い臭いを発生します。歯を磨くというよりも、歯と歯の間や歯と歯茎の間にいる嫌気性菌を除去しましょう!

埋まっている親知らずがある

埋まっている親知らずがある

歯ぐきから少し出ているような、生えかかりの親知らずや、手前の歯に引っかかって横たわっている親知らずには、歯ぐきと親知らずの間に深い溝ができて汚れや細菌が溜まり、口臭の原因となります。

手前の大切な歯の深いところを虫歯にしてダメにすることも多いので、早いうちに手術して抜歯することが大切です。大西歯科では、抜歯した後の穴を人工骨や骨誘導因子やコラーゲンなどを併用した歯周組織再生療法で骨を効果的に再生し、口臭の原因となる穴や溝を無くす療法も行っております。

ケアグッズによる一時しのぎでは解決しません

ケアグッズによる一時しのぎでは解決しません

口臭対策にブラッシングは当然のことですが、タブレットやガム、洗口剤、スプレー、お茶、デンタルフロスなどのケアグッズはとても手軽で多くの方が利用していることでしょう。

しかし、口臭の原因はたくさんあります。ケアグッズで一時的に口臭が抑えられたとしても、それは根本的な解決には至っていないことが多々あります。口臭を本気で治すためには、あなたの口臭の原因を詳しく分析し、しっかりと治療に取り組むことが大切です。

口臭の専門治療を行っています

口臭の専門治療を行っています

当院では、口臭測定、歯周組織検査や顕微鏡による細菌検査、レントゲン撮影など様々な検査を通して口腔内環境を多角的に分析し、患者さん一人ひとりに合った「大西式ハイブリッド口臭治療」を行っています。詳しくは口臭治療についてのページをご覧ください。

»口臭専門外来はこちら