セラミックとホワイトニングを並行した症例

東京都在住 60代 女性

「歯医者が苦手。怖い。痛いのは嫌。何回も通院できない。」と言う理由でなかなか治療に踏み切れなかったという方です。 当院に通院されているご友人の紹介で受診されました。
「歯茎が下がっている。歯がしみる。右の犬歯の色が気になる。下の銀歯を白くしたい。」という主訴でした。
歯科の苦手意識が強かったため、治療の流れや治療費、歯周病検査などについて、納得できるまでカウンセリングをしました。
歯磨きは頑張ってされていて、磨き残しはほとんどありませんでしたが、歯周病検査で顕微鏡で見てみると歯周病菌を確認。
まずは大西式歯周病専門治療で除菌を行いました。
大西式歯周病専門治療は、最短3回で終了するので(状態によります)、今回のようにお仕事が忙しく、通院回数を少なくしたい方には最適です。
除菌後に歯肉の炎症が引いてから歯石除去をするため、通常より痛みも少ないので、痛みに弱い方でも安心です。
今回も「全然痛くない!」と言っていただき、リラックスして治療を受けていただけました。
歯周病治療後は気になっている歯のシェード(色)をクリスタルアイという機械で測定。
色見本を人の目で見るよりも、より詳細な色データを分析します。
色データを元に、気にされていた右上犬歯や銀歯、その他の虫歯をジルコニアセラミックスで治療しました。
並行してオフィスホワイトニングを1クール(3回)行い、ご自身の歯の色も明るくしました。
セラミック治療とホワイトニングを並行して行うことで ‘‘被せものと自分の歯の色が違う” といった色のバラつきが出ないように調整しました。
現在は3カ月ごとのメンテナンスのPMTC(クリーニング)にお越しいただいております。

治療期間は約3か月 治療費用はジルコニアオールセラミックの歯を2本入れ、270,000円(全て税別)オフィスホワイトニングが3回セットで40,000円、フルジルコニアの詰め物が4歯で280,000円 かかりました。
*尚 治療をした補綴物は口腔内の過酷な環境で使用するため、壊れたり劣化しないことを保証するものではありません。

個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。