入れ歯・義歯

当院の取り扱い入れ歯のご紹介

JR浜松町駅から直結、東京港区の歯科医院「大西歯科モノレールビルクリニック」では、患者さんの症例に合わせたさまざまな入れ歯をご提供しています。「金属バネのない入れ歯」や「歯周病の症例にあった入れ歯」など幅広い症例やご要望に対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

大西式総義歯について

大西式総義歯について

従来の総義歯(入れ歯)の製作では、「顎の型取り」「咬み合わせの採得」を一度で同時に行うのが一般的でした。

ところが、この方法では装着後に何度も調整が必要になることがあり、また実際に食事や会話を行うときの頬や口唇の筋肉、舌の筋肉の動きを考慮して作ることができないため、「お口の中で動いてしまう義歯」となってしまい、顎の骨をすり減らしてしまうという弊害があったのです。

大西式総義歯では、プロビジョナルデンチャー(治療用義歯)を作製し、粘膜調整剤を使用しながら患者さんに合った義歯床縁の位置・形態を作成します。これにより、今までの合わなかった義歯でむりやり慣れてしまった咬み合わせを正しく改善。すべての歯があった元来の顎関節の位置を模索します。

大西式総義歯について

咬み合わせが正しく改善し、顎の関節の位置が決まると、頬や口元の筋肉、舌の筋肉の緊張がほぐれ、結果的に“すきま”が生じます。そこに義歯床をぴったり安定させることができれば、床面積が大きな義歯を無理なく作ることができ、「動かない安定した義歯」を入れることが可能となるのです。

当院では、プロビジョナルデンチャーの段階で、審美性や会話の際の発音を患者さんに体験、確認していただきます。これで、満足できる歯並び、歯の大きさ・形態を兼ねそろえた患者さんだけの完成義歯に移行できるというわけです。

「人工臓器」のひとつとして総義歯を考える

「人工臓器」のひとつとして総義歯を考える

一人ひとりのお口に調和した総義歯を入れることで、消化に必要な酵素の分泌が口腔内でも促進され、消化器官で栄養が吸収されやすくなります。さらに脳への血流量が飛躍的に増えることが研究で分かっており、患者さんの「Quality of Life(生活の質)」を高められるものと確信しています。

今はまだ若くて元気があるからと、ちょっとした口の中の異常も大したことはないとして放っておくことは、やがて「楽しくない」「美しくない」老後につながってしまいます。歯や歯並び、咬み合わせの正しさや美しさが、体調だけでなく、その人の内面や全身の健康にも影響を及ぼすことを考えると、歯科治療の重要性は非常に高いものであることが分かります。

ノンクラスプAIデンチャー

ノンクラスプAIデンチャーの特長

現在さまざまなタイプの義歯がありますが、クラスプ(金属のバネ/留め金)を使わないノンクラスプデンチャーの中でも機能性、耐久性、審美性に長けているのが、クラスプ部分がアルティメット樹脂でつくられた「アルティメット義歯」です。

大西歯科モノレールビルクリニックでは、このアルティメット義歯を「ノンクラスプAIデンチャー」と呼び、特にお口の中で義歯を固定するクラスプが目立つことを気にされる方におすすめしています。

機能性 ・吸水率が低い素材でできているので、劣化しにくい
・薄くつくることができるので、軽くてお口の中でなじみやすい
耐久性 ・経年使用による割れに強い
・熱に強いので、長時間お口の中に入れていても傷みにくく、煮沸消毒も可能
審美性 ・透明度の高い素材でつくられるため、見た目に自然
・クラスプがないので、義歯であることを気づかれにくい
注目のノンクラスプデンチャー「AIデンチャー」とは?

注目のノンクラスプデンチャー「AIデンチャー」とは?

「バネが見えて気になっている…」「しっかり咬めない…」「義歯の厚みで装着に違和感がある…」「義歯の着色が気になる…」。入れ歯についてこんな悩みをお持ちの患者さんにおすすめしたいのが、

AIデンチャーです。AI樹脂は、非常に強度のある樹脂なので、今までの義歯と比べるとかなり薄く作ることができます。入れ歯の保持性のために金属を使うこともありますが、他人からは見えないよう設計されますので、審美的にも優れています。

  • AIデンチャー
  • AIデンチャー
  • AIデンチャー
  • AIデンチャーをおすすめする理由
    • 疲労強度が強い
    • 経年劣化による劣化が少ない(体温水性が強い)
    • 軽量で装着感が良い
    • 吸水率が小さい
    • 耐熱性が高い
    • 製品の透明度が高い
    ノンクラスプAIデンチャーは煮沸消毒ができる

    お口の中は悪いものもそうでないものもたくさんの細菌が存在します。義歯は、毎日お口に入れるものですが、雑菌の繁殖したものを使い続けるとお口のトラブルの原因となってしまうので使用後はきちんと洗浄しなければなりません。

    殺菌、消毒には煮沸するのが友好的ですが、実は一般的な義歯は熱に弱く、煮沸消毒することができません。ノンクラスプAIデンチャーは、耐熱性に優れた素材でつくられているため、安心して煮沸(2~3分程度)することができます。1日8時間×1週間(7日間)の煮沸にも耐えられたという実験結果もあるほどです。

    他を圧倒する耐久性

    耐劣化性に優れた素材なので、家庭用台所漂白剤に6ヶ月間浸けた実験でも、変色しませんでした。

    他を圧倒する耐久性
    他を圧倒する耐久性
    通常のノンクラスプデンチャーにはない高機能「ゆるみ防止ワイヤー」とは?

    他を圧倒する耐久性

    機能性、耐劣化性、耐久性などさまざまな強みがあるノンクラスプAIデンチャーには、さらに一般的なノンクラスプデンチャーにない優れた特徴があります。それが「ゆるみ防止ワイヤー」(実用新案登録/3107256号)です。

    一般的なノンクラスプデンチャーは、定期的にメインテナンスをしなければその使用寿命を縮めかねません。ノンクラスプAIデンチャーは、ゆるみやズレを防止するために樹脂素材の中にワイヤーを内蔵しているので、快適な着け心地を長期間維持することができるのです。

    クラスプ部分が透明な「アルティメットクリア義歯」

    クラスプ部分が透明な「アルティメットクリア義歯」

    ノンクラスプAIデンチャーは、義歯を固定するクラスプ部分に金属を使わないので、お口の中で目立ってしまうことを懸念される患者さんに特におすすめです。

    クラスプ部分が弾力性のある樹脂で透明につくられている「アルティメットクリア義歯」は、自然な見た目で義歯であることを気づかれにくいのが最大のメリットです。また、歯周病でグラついている歯を固定するためにも使用できます。

    「アルティメットクリア義歯」の機能比較表
    ノンクラスプAIデンチャー
    (アルティメット義歯)
    アルティメットクリア義歯
    「アルティメットクリア義歯」の機能比較表 「アルティメットクリア義歯」の機能比較表
    クラスプ ピンク 透明
    適用部位 全ての部位に有効 前歯部に有効、希望があれば臼歯もOK
    床の素材 スーパーポリアミド樹脂 スーパーポリアミド樹脂
    硬さ やややわらかい やややわらかい
    煮沸消毒 できる できる
    即重レジンによる修理 修理しにくい 修理しにくい
    固定性 ワイヤーが目立たないうえ、固定力が強くはずれにくい ワイヤーを入れると目立つ入れなくてもつくれます)
    AIデンチャー診療費用
    AIデンチャー 片側:250,000円
    両側:300,000円
    クリアアーム(1ヶ所につき):20,000円
    クリアクラスプ:30,000円
    金属使用の場合:50,000円
    ジルコニアレスト:45,000円
    PGAレスト:35,000円
    20Kレスト:30,000円

    ※料金はすべて税抜き

    よくある質問

    どうやって装着するのですか?
    歯ぐきにかぶせるように装着します。
    人体への影響が心配です。長時間装着しても大丈夫ですか?
    はい。安全な素材ですので、人体には影響はありません。
    金属アレルギーなのですが、使っても大丈夫ですか?
    義歯を固定するために樹脂素材の中にワイヤーを内蔵することがあるので、事前の歯科医師までご相談ください。
    熱い食べ物や飲み物を口にしても大丈夫ですか?
    はい、大丈夫です。熱いものを飲食した場合は、クラスプ部分がやわらかくなったような感覚があるかもしれませんが、素材の特性です。はずれることもありませんので、しっかりと食事を楽しむことができます。
    費用はどのくらいですか?
    AIデンチャーの費用は、片側25万円~(税別)になります。使用する維持装置や床の材質、範囲で費用は変わります。こちらに関しては、初診時に詳細をお伝えしております。
    ノンクラスプAIデンチャーの耐用年数はどのくらいですか?
    耐用年数は AIデンチャーは5年~とお考えになってください。
    ノンクラスプAIデンチャーが壊れた場合の修理は可能でしょうか?
    修理は実費になりますが、可能です。
    入れ歯の治療回数はどのくらいかかりますか?
    治療回数は、調整を入れて3~4回位を目安としてください。(初診を除く)
    大西歯科モノレールビルクリニックのノンクラスプAIデンチャーの実績を教えて下さい。
    症例数は正確には数えておりませんが、当院では長年の経験と高い技術力で三桁を超える豊富な症例実績があります。また、治療後の患者さんからのトラブル報告はこれまで0件です。安心してご相談ください。

    ペリオデンチャー

    歯周病患者のための義歯

    歯周病菌に冒され重症化すると、歯周組織が破壊され歯を支える顎の骨が溶けて吸収されてしまいます。すると土台が弱くなってしまった歯はグラつき始めるのです。歯のグラつきを改善するためには、動揺歯をしっかりと固定して歯周組織を再生(再石灰化)を促す歯周病治療が必要です。

    ペリオデンチャーは、このような重症化した歯周病の動揺歯を固定するのに最適な義歯です。動揺歯を固定することで、歯周病の治療も進めやすくなり、咬み合わせの調整も可能になります。

    歯周病患者のための義歯

    欠損はありませんが歯がグラグラしている状態です

    歯周病患者のための義歯

    ペリオデンチャーで固定します

    歯周病患者のための義歯

    歯周病治療用義歯「ペリオデンチャー」は、特許を取得した優れた義歯です。以下にその特徴をご紹介します。

    • 歯を削る量が最小限で済む
    • 歯周病が原因でグラついた動揺歯を固定することができる
    • 歯槽骨、歯根膜繊維など、歯周組織の再生・再構築を期待できる
    • 咬む力がアップする
    • 歯の中心や奥の方向と、左右の揺れを防ぐことができる
    • 取り外し可能なので、いつでも洗浄でき清潔に保つことができる
    • 見た目にあまり目立たない
    快適な使いご心地

    ペリオデンチャーは、床部分に「熱可塑性ポリアミド弾性樹脂」という素材を使用しています。そのおかげで軽くて薄く、吸水性の低い義歯に仕上がります。また、クラスプ(歯を固定する金属製のバネ)は使用しないで固定するので、装着感はとても快適です(ワイヤー部分には、コバルトクロムを使用)。

    揺るがず咬む力がアップ

    残存歯の最も出っ張っている部分と頬舌で挟むことで歯のグラつきを防ぐことで、固定力が抜群です。食べカスなども挟まりにくい構造になっています。

    取り外しが簡単

    取り外しが簡単につくられているので、いつでも洗浄することができ、清潔に保つことができます。歯周病の治療には、原因菌を減らすことが第一ですので、ペリオデンチャーは理にかなった義歯です。

    ペリオデンチャーの種類

    ペリオデンチャーには、大きく分けて2つの種類があります。
    1. 動揺歯(グラグラしている歯)を固定する装置
    2. 1に、失った歯を補う義歯(入れ歯)の機能も付加した装置

    ペリオデンチャーはこんな方におすすめです

    ・動揺歯がある人
    ・咬む力が強い人
    ・正しいブラッシングができる人
    ・定期的にメインテナンスや治療に通院できる人
    ・複数本の歯を固定しなければならない人

    ペリオデンチャーが向いていない方

    ・急性的な症状の人
    ・取り外し可能な義歯は扱いにくいと感じる人
    ・ちゃんとブラッシングできない人
    ・歯科医院に定期的に通院することが難しい人
    ・咬むことで症状が悪化するかもしれないと判断された人

    ドイツの入れ歯、テレスコープ義歯とは?

    ≫IPSGドイツ式入れ歯専門治療のサイトはこちら

    テレスコープ義歯とは?

    一般的な入れ歯は、金属のバネ(クラスプ)で口腔内に固定したり維持させたりしますが、テレスコープ義歯は、はめ込み式タイプの義歯・入れ歯です。金属のクラスプをかけないので、見た目にも自然で他人にも気づかれにくいのが特長です。固定・維持方法には様々な種類があります。当院で扱っているテレスコープ義歯をご紹介します。

    義歯、入れ歯の先進国ヨーロッパでは、部分義歯、部分入れ歯といえば「テレスコープ義歯」のことを言い、日本の金属の金具やバネのついたクラスプ義歯は存在しません。
    テレスコープ義歯は、部分義歯、部分入れ歯の最高峰と言えます。

    だからおすすめしたい「ドイツ製テレスコープ義歯の特長」

    見た目が自然

    一般的な入れ歯特有の金属バネを使用しないので、自然な見た目に仕上がります。入れ歯を装着していることを他人に気づかれにくいです。

    咬み心地が快適

    内冠(支台)に義歯をはめ込むタイプなので、隣の歯にバネをかける方法よりもしっかりと固定され、食事や会話でグラついたりすることもなく、しっかりと咬むことができ、自分の歯の一部として使える。

    装着に違和感がない

    保険診療の一般的な義歯に比べ、テレスコープ義歯はガタツキがないので、装着したときの違和感や異物感がほとんどありません。世にある部分入れ歯の中で最も違和感が少ない入れ歯といえます。

    残っている歯への負担が少ない

    近くの歯にバネをかけるわけではないので、残っている健康な歯を守る、唯一の入れ歯です。

    外れにくく、着脱自由

    支台となる内冠にしっかりと固定させるために、食事や会話をしても簡単に外れることはありません。一方、取り外しは簡単に行えるので、ブラッシングやうがいも自由にでき、いつでも清潔に保つことができます。

    インプラントの手術がこわい、出来ない人に最適。

    インプラント治療は、しっかりとした術式で行えばすぱらしい治療となりますが、最近はインプラントを選択しない方も増えてきています。そういう方にテレスコープ義歯は最善の選択肢となります。

    夜付けたまま寝られる

    入れ歯を外してお手入れすることは必要ですが、家族や友人・恋人に入れ歯を入れている事を知られたくない方にも歯ぐきを圧迫しないつけたまま寝られるテレスコープ義歯は最適です。

    インプラント以外の歯の部分欠損治療はドイツ製の入れ歯テレスコープ義歯が、最善の治療選択です!

    コーヌステレスコープ

    コーヌステレスコープデンチャー

    円錐形=コーヌスという意味を持つテレスコープ義歯。支台となる内冠が円錐形(コーヌス角)をしており、外冠がくさびの役割をするので維持力が高いのが特長です。指のかかるくぼみがあるので、簡単に外れます。

    コーヌステレスコープデンチャー
    コーヌステレスコープデンチャー
    コーヌステレスコープデンチャー
    メリット デメリット
    • 内冠が円錐形であることでしっかりと固定する
    • 残っている歯のクリーニングがしやすい
    • 就寝時にも装着が可能
    • ガタつかないので、ステーキや固いフランスパンも咬めて味わえる。
    • 外冠が残っている歯を固定するので、歯の寿命がのびる。
    • 動かないのでしゃべりやすい
    • 支台となる歯を削って維持装置を作るが、お口の中で全く動かず安定した入れ歯なので、支台の歯も揺さぶられず、結果的に長期に渡り歯を守り寿命を延ばす。
    • 1本も歯が残っていない方は適応外
    • 自由診療となるので費用が高額になる
    • 治療できる歯科医師がまだ少ない
    • 基本、神経が生きている歯を支台として使う
    リーゲルテレスコープ

    リーゲルテレスコープ

    まるで「かんぬき」のような構造で、留め金で義歯を固定するテレスコープ義歯です。留め金の開閉だけで着脱も簡単です。

    リーゲルテレスコープ
    リーゲルテレスコープ
    リーゲルテレスコープ
    メリット デメリット
    • 見えない留め金で固定するのでしっかりと咬める
    • バネがないので見た目が自然で気づかれにくい
    • お口の中に装着時の違和感がとても少ない
    • 留め金を外すだけなので着脱が簡単。メンテナンスも楽。
    • 残っている歯を固定するので歯の寿命を延ばす
    • 神経をとっている歯や多少グラつきのある歯でも出来る
    • 固いお肉やフランスパンなども食べられ味わえる
    • しゃべり易い
    • 自由診療となるので費用が高額になる
    • 治療できる歯科医師がまだ少ない
    • 支台となる歯を削って維持装置を作るが、お口の中で全く動かず安定した入れ歯なので、支台の歯も揺さぶられず、結果的に長期に渡り歯を守り寿命を延ばす。
    • 指先が不自由だと不適応
    レジリエンツテレスコープ

    レジリエンツテレスコープ

    片顎に4本以内の歯が残っている場合に適応できます。外科手術は必要なく、義歯を粘膜で維持します。残っている歯にはほとんど負担がかかりません。

    メリット デメリット
    • バネがないので見た目が自然で気づかれにくい
    • 残存歯が少なくても適応可能(1~4歯)
    • 抜歯をしなくても適応可能
    • 就寝時にも装着が可能
    • グラついている歯でも適応可能
    • 歯並びや歯肉を自由にデザイン出来る為、若返りも期待できる
    • 横ゆれがしないので良く咬める
    • 就寝時にも装着が可能
    • 治療できる歯科医師がまだ少ない
    • 自由診療なので高価

    上下同時印象総義歯

    上下同時印象総義歯

    従来の義歯作製では、口腔内の印象(型)採りを上下顎別々に行っていましたが、上下同時印象総義歯は、上下を同時に型取りし、二つに分割します。これにより口腔内の筋肉や唇の形状、舌の位置などを正確に把握し、再現することが可能です。

    上下同時印象総義歯
    上下同時印象総義歯
    上下同時印象総義歯
    メリット デメリット
    • 粘膜(軟組織)と調和した入れ歯になるので、外れにくい
    • 上下の咬み合わせがより正確に再現できる
    • 咬み合わせがより精密に再現できる
    • 発音もよくしゃべり易い
    • ガタつかないので、よく咬めて味わえる
    • 就寝時にも装着が可能
    • 治療できる歯科医師がまだ少ない
    • 自由診療なので高価

    ドイツ製義歯:テレスコープ義歯の費用

    リーゲルテレスコープ 730,000円~
    コーヌステレスコープ 630,000円~
    レジリエンツテレスコープ 780,000円~
    上下同時印象総義歯 1,200,000円~2,000,000円

    ※料金はすべて税別

    素材の種類(Co-Cr,金合金)、残存歯数、設計、人工歯の種類(硬質レジン歯、金属歯、ジルコニア歯)、歯肉審美カラーリング加工などにより患者さん毎に治療費の詳細が決定します。 咬合分析(30,000円+税)の後にきちんとした治療計画書を作成して費用と期間をご説明し、患者さんの同意が得られてから治療開始になります。