中度歯周病 30代 女性

左:治療前 右:治療後

「10年以上前の20代半ばから歯周病と診断され、定期的に歯石除去に行っているにも関わらず、改善するどころかどんどん歯がぐらついてきた。最近は血も出るし、膿も出る。口臭も気になる。」という深刻な悩みを抱えていらっしゃいました。

ご自身でとても懸命に歯磨き・セルフケアをされていて、磨き残しはほとんどなし。この方、今まで一度も虫歯になったことがないとのこと。とてもきれいな歯をお持ちなのです。

しかし、残念ながら、いくら定期的に歯石除去しても、頑張って歯磨きをしても、それだけでは改善しないのが歯周病です。

大西式歯周病専門治療を行いしっかり除菌をし、歯肉縁下(歯肉の中の方)歯石除去をしました。

治療後は歯肉の炎症が引き、赤く腫れていた歯肉が引き締まりました。それに伴い、当初の出血や膿もなくなり、動揺(グラつき)、口臭もほとんどなくなりました。写真で比較すると分るとおり、歯肉は退縮しましたが、炎症がおさまった現段階でのベストな位置となりました。

「自分の歯周病はもう治らないものだと思っていた。こんなに良くなるなんて思わなかった!」と、ご本人にもとても喜んでいただけました。

現在は定期的にPMTC(除菌をしながらのメンテナンス)にお越しいただき、もとの状態に戻らないよう、良い現状をきちんと維持できるようケアをしています。

歯周病治療期間は8回かかりました。
*大西歯科で行っている薬を使った歯周病治療は、まれに薬の副作用による下痢、倦怠感、薬疹などが起こるリスクがあります。また、歯周病の原因は歯周病菌とかみ合わせの不調和なので、治療後に歯周病菌に再感染したり、かみ合わせの変化が起こると再発のリスクがあります。

個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。